FANDOM


シックス・デイ
The 6th Day
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 コーマック・ウィバリー
マリアンヌ・ウィバリー
製作 マイク・メダヴォイ
アーノルド・シュワルツェネッガー
ジョン・デイヴィソン
製作総指揮 デヴィッド・コーツワース
ダニエル・ペトリー・ジュニア
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 ピエール・ミニョー
編集 マーク・コンテ
ドミニク・フォーティン
マイケル・アルカン
配給 コロンビア映画 アメリカ合衆国の旗
東宝東和 日本の旗
公開 2000年11月17日 アメリカ合衆国の旗
2000年12月16日 日本の旗
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $82,000,000[1]
興行収入 $34,604,280[1] アメリカ合衆国の旗
17.0億円[2]
$96,085,477[1] 世界の旗
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

シックス・デイ』(The Sixth Day)は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の2000年アメリカ映画

あらすじ 編集

2010年クローン技術の発達によって様々な動物がクローンで生み出され、人間の生活を豊かなものにしていた。ただし、創世記で神が人間を創った日に由来する法律「6d法」により、人間のクローンを作ることは禁じられていた。

ある日、ヘリコプターパイロットのアダムは、自分の誕生日の夜に仕事を終えて自宅に戻った。その時、彼は信じられない光景を目撃した。 なんと、もう一人の自分が家族と誕生日を祝っていたのだ。

戸惑っているところに見知らぬ二人組が現れ、家にいるのが自分のクローンだと教えられる。いったい誰が何の目的で自分のクローンを作ったのか。自分の家庭と生活を取り戻すため、アダムは奔走する。

スタッフ 編集

  • 監督 - ロジャー・スポティスウッド
  • 製作総指揮 - デヴィッド・コーツワース、ダニエル・ペトリー・ジュニア
  • 製作 - マイク・メダヴォイ、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジョン・デイヴィソン
  • 脚本 - コーマック・ウィバリー、マリアンヌ・ウィバリー
  • 音楽 - トレヴァー・ラビン
  • 撮影 - ピエール・ミニョー

キャスト 編集

役名 俳優名 ソフト版 TV版
アダム アーノルド・シュワルツェネッガー 玄田哲章
ドラッカー トニー・ゴールドウィン 牛山茂 鈴置洋孝
ウィアー博士 ロバート・デュヴァル 佐々木敏 大木民夫
ハンク マイケル・ラパポート 後藤哲夫 清水明彦
マーシャル マイケル・ルーカー 宝亀克寿 立木文彦
タリア サラ・ウィンター 唐沢潤
ナタリー ウェンディ・クルーソン 藤生聖子 野沢由香里

脚注 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はシックス・デイにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki